GLP/590億円投じ、千葉県流山市に大型物流施設開発

2015年10月30日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は10月30日、千葉県流山市で国内最大規模の総延床面積約32万m2のマルチテナント型およびBTS型に対応した大型物流施設「GLP流山」の開発を行うと発表した。

<完成イメージ(北側)>
完成イメージ(北側)

<完成イメージ(西側)>
完成イメージ(西側)

<各棟の特徴>
各棟の特徴

GLP流山はGLP流山I、II、IIIの3棟から成り、2016年夏から順次着工、2018年内の竣工予定、総開発コストは約590億円。

GLPとして初の試みとして、倉庫機能のほか、工場用途にも対応可能で、3棟で生産/製造、梱包、配送までを網羅し、サプライチェーンの統合を目指すフルパッケージの施設となる。

<GLPの帖佐義之社長>
GLPの帖佐義之社長

GLPの帖佐義之社長は「工場と物流施設とターミナルの機能を併せ持つ全く新しい概念を持つ施設として開発する。当初の計画では、3棟の内、写真真ん中が物流用途、左側が工場用途、そして右側がターミナル用途を原則とするが、その役割については入居企業と今後詰めていく。マルチテナント型の場合、1社5000坪くらいで入居する場合が多く、それに照らせば10万坪あるので20社程度の入居企業となるが、トータルで使用するパターンから入居企業は減少すると思う。すでに、企業からの問い合わせやニーズが入居面積の3倍程度集まっている」と話す。

また、建築基準法では工場と倉庫は分かれているが、法律面からもクリアしているという。

都心部から約25km、常磐自動車道流山IC近接、首都高速6号三郷線/常磐自動車道三郷ICから6kmに立地し、国道16号線にもアクセス良好、東武野田線初石駅から約1.8kmに所在。

3棟は、4階建て、プレキャストコンクリート造・免震構造を採用し、ランプウェイの設置により各階アクセスが可能だ。

最新鋭の物流施設として、LED照明や空調設備の採用のほか、冷凍冷蔵倉庫機能に対応、配送のターミナル機能の併設など物流効率化に寄与するさまざまな仕様を予定しており、今まで以上に迅速な配送が可能となる。

太陽光発電、燃料電池を利用するクリーン電力によって、施設の共用部に加え一般的な倉庫利用の場合の専有部の日中の電気代をほぼ賄える予定で、CO2低排出と併せて、ローエミッション物流施設の実現を目指す。

ソフト面の一層の充実を図り、物流業界全体の喫緊の課題である物流施設での人材確保のため、業界初のテナント企業向けの派遣会社の出張事務所を施設内に配置し、サポート機能を強化します。また実際に働く人の労働環境整備の一環として、託児所、コンビニエンスストア、カフェテリアを設置、公共交通機関(バス)の施設内への延伸も予定している。

なお、流山市が掲げる「都心から一番近い森のまち」と協調し、環境配慮、地域調和を目指し、約2万9000m2の緑化計画、公開緑地、歴史的な地域遺産の継承など物流施設の社会的役割を追求している。

■ 施設概要
施設名:GLP流山
所在地:千葉県流山市南字上耕地261
敷地面積:約14万4000m2(3棟合計)
延床面積:約32万m2(3棟合計)

最新ニュース