三菱商事/豪タスマニア島で乳製品製造に参画

2012年06月20日 

三菱商事はオーストラリアのタスマニア島で、粉乳・バターオイル等の乳製品を新規に製造開始するTasmanian Dairy ProductsCo.,Ltd(タスマニアン・ディリー・プロダクツ、以下:TDP社)に出資すると発表した。

TDP社への出資比率は24%で、豪州最大の酪農協であるMurray Goulburn Co-operative Co., Ltd.(マレー・ゴールバン、以下MGC社)をパートナーとして、共同で出資する。

TDP社は約70億円を投じ、年間生乳処理量約25万トン(1リットル紙パック2.5億本、日本の生乳総生産量の約3%強に相当)規模の工場を新設の上、2012年9月より稼動を開始する予定。

新設される工場は、タスマニア北西部のスミストンに位置し、敷地面積は約14ヘクタール(東京ドーム3個分)で、高品質の製品製造が可能な最新鋭の設備を導入する。

生乳を供給する酪農家は同工場の半径50km圏内に位置しており、大量の生乳を効率的に集乳できる体制を構築していることが、同工場の乳製品の価格競争力を高めることに繋がっている。

■Tasmanian Dairy Products Co.,Ltd.(TDP社)概要
本社所在地:2 Irishtown Road, Smithton, Tasmania
設立年月日:2011年3月7日
資本金:AUD$35,000,000
主要株主:MGC社56%、三菱商事24%、タスマニア在個人酪農家


最新ニュース