象印マホービン/国内外の物流システム再構築

2010年12月28日 

象印マホービンは12月27日に発表した2010年11月期決算で、国内外の物流システム再構築を推進するため、東日本配送センターの増床を実施し、物流の効率化を図ったとしている。

次期の見通しでも国内外の物流システムを見直し、物流費用の低減、グループ在庫の最適化を図るなど不要なコストを排除し経営の効率化を推進するという。

最新ニュース