日本郵船/チリ大地震被災地に無償輸送協力

2010年12月28日 

日本郵船グループは、2月27日に発生したチリ大地震の被災地復興支援として、救援物資7TEU(20フィートコンテナ7本分)の輸送協力を実施した。

<配布された救援物資>
20101227nyk.jpg

今回の支援は、2004年に国際人道支援機関ジャパン・プラットフォームと協働で被災地への支援活動として立ち上げた「日本郵船グループJPF物資協働輸送プロジェクト」の一環として行われた。

日本企業4社から毛布、スポーツウェア、ティッシュ、ショベルローダーなどの救援物資が提供され、ジャパン・プラットフォームとの連携により、無償で海上輸送を行った。

救援物資は10月24日にチリ中部のバルパライソに到着し、現地で活動を続ける特定非営利活動法人ICA文化事業協会により被災者へ12月21日までにすべて配布された。

同プロジェクトは、2004年のスマトラ沖大地震発生時に始まり、それ以降世界的規模の災害の際には継続して実施、これまでに当社が無償輸送した物資は総計1200トンを超えた。

最新ニュース