大和ハウス工業/エコシップマークの優良事業者に認定

2010年12月25日 

大和ハウス工業と大和物流、三陸運輸はこのほど、「「エコシップマーク」認定事業者と優良事業者に選ばれた。

大和ハウスでは、2007年6月より北海道内で建設する住宅用(戸建住宅・賃貸住宅)建築部材加工品を専用セミトレーラーに積載し、東北工場(宮城県大崎市)から大和物流の札幌物流センター(北海道恵庭市)まで輸送している。

輸送の際、仙台港から苫小牧港までは太平洋フェリーの「仙台‐苫小牧航路」を利用して海上輸送をすることで、陸上輸送と比べて年間CO2排出量を2009年度実績で95.3t(約39%)削減したのが、評価されたもの。

グループでは、調達物流における共同輸送の一部ルートにおいても、モーダルシフトに取り組んでおり、今後も鉄道輸送や船舶輸送などへのモーダルシフトを積極的に検討し、CO2排出量の削減に向けて取り組む。

最新ニュース