積水テクノ成型/リサイクル原料100%の物流用通い箱発売

2010年12月21日 

積水テクノ成型は2011年1月1日、家庭からのプラスチック資源ごみを活用した、リサイクル原料100%の物流用の通い箱「GLコンテナ」を発売する。

<GLコンテナ>
20121221sekisui.jpg

独自の「サンドイッチ成形技術」を活用して、家庭からのプラスチック資源ごみを原料に用いた製品の開発に取り組み、新製法を開発したもの。

家庭から排出されるプラスチック資源ごみを活用するとともに、生産・加工のロス材や使用済み製品をリサイクル原料として再利用することで、家庭、企業から排出される廃棄プラスチックを年間で約2000トン削減を目指す。

リサイクル原料を使用することで、製造、加工時に排出されるCO2を約23%低減し、原料コストを約20%削減、またJISパレットに対応したモジュール設計により物流コストも10~15%削減した。

今後、商品アイテムを増やし、「GREEN LABEL」シリーズとして順時発売していく。

製造、物流分野を中心とした法人・企業に加え官公庁・自治体などに向けて販売活動を行い、2011年度に2億円、2012年度に10億円の売上を目指す。

最新ニュース

物流用語集