上組など7社/瀬戸内から阪神港への貨物集荷で新会社

2010年12月21日 

港運業者7社(上組、三菱倉庫、住友倉庫、三井倉庫、日本通運、山九、徳山海陸運送)は12月20日、西日本内航フィーダー合同会社を設立さした。

西日本内航フィーダーの資本金は3,800万円で、本社を神戸市中央区とし、当面は事務所を代表社員会社である上組本店内に置く。

新会社は、瀬戸内から阪神港への貨物集荷を行い、瀬戸内全港をカバーする港運業者が参加することによって、全体効率面と価格競争力のあるサービスを阪神港に寄港する船社に提供する。

2011年5月には5,300DWT、320TEU(実入)積みの第1船の運航開始を予定している。

その後、貨物の増加が見込まれる数か月後に第2船の投入を予定している。さらに、近距離運航をカバーする数隻のバックアップ船の導入も検討している。

最新ニュース

物流用語集