商船三井/ヨーロッパ航路初、ベトナム直接寄港開始

2010年12月13日 

商船三井は12月13日、邦船としては初めて、ヨーロッパ航路でのベトナム寄港を開始すると発表した。

これまでフィーダーによる接続でカバーしてきた同地域だが、活性化が見込まれる日本および中国各地からベトナムへの荷動きに対応するために直接寄港を実現した。

今回新たに寄港するターミナル「タン・カン・カイメップインターナショナル」は同社が運営に参加しているターミナルで、ホーチミン市から約50キロ南東のパリア・ブンタウ省カイメップ川流域に位置する。

水深は14mあり、1万TEU型の大型船にも対応する。また、ディーゼルエンジンを使用せず、前動力を電力でまかなう荷役機器を全機装備した、ベトナム初の環境に配慮したターミナルになっている。

ベトナム寄港開始日は1月4日神戸発で、1月15日カイメップ着の予定。投入船は6350/6700TEU型コンテナ船計10隻。

最新ニュース

物流用語集