NTTロジスコ/機密書類回収BOXを提供開始

2010年12月12日 

NTTロジスコは12月10日、ISS-BOX(回収量自動検知付き機密書類回収BOX)のサービスの提供を開始することを発表した。

ISS-BOXサービスは、不要機密書類を回収・処理するリサイクルシステムのSS-BOXに、NTTドコモの提供するFOMA通信モジュールを搭載。廃棄機密書類の投入量を自動通知し適切なタイミングで回収訪問を可能にした高機能タイプで、低コストで顧客の手間を軽減する「機密書類回収ソリューション」となっている。

新たなメリットとして、重量検知機能により適正量回収が実現し、回収コストを削減。自動通知機能により、顧客からの連絡の手間を軽減。さらに、重量センサ搭載により、現地での排出量確認が可能、容量オーバーを確実に回避することで機密書類が投入できるため、より機密性が向上する、としている。

システム概要は、SS-BOX内に重量センサを設置し重量を計測・表示。規定量(約50KG)に達する前にNTTドコモのFOMA通信モジュールによりインターネットプロバイダに接続し、NTTロジスコ受付センタにメール通知される仕組み、となっている。。

なお、価格(税抜)は基本料金7000円/台・月、回収料金3500円/袋。

問い合わせ
株式会社エヌ・ティ・ティ・ロジスコ
第一営業本部営業推進部門
TEL:03-5532-0809

■ISS-BOX
http://www.ntt-logisco.co.jp/service/eco/issbox.html

最新ニュース

物流用語集