トヨタ自動車/車両・部品の海外供給体制整備

2010年12月09日 

トヨタ自動車は12月9日、タイとアルゼンチンでIMVの生産能力を決定したと発表した。

今回の決定は、アジア・中近東等の新興国を中心に需要が拡大していることに対応するため。

まず2011年8月トヨタ・モーター・タイランド(TMT)バンポー工場で年間14万台から22万台に、同年11月にはアルゼンチントヨタ(TASA)で年間7万台から9万台に生産能力を増強する。タイのサイアム・トヨタ・マニュファクチュリング(STM)でも、IMV用ディーゼルエンジンの生産能力を年間22万基から33万基に引き上げる。投資額は合計で約255億円となる。

IMVプロジェクトは、顧客のニーズに合ったクルマをより低価格・迅速に提供するため、アジア・南米・南アフリカの生産拠点をIMVのグローバル向け供給拠点とするもの。あわせて、車両や部品の海外供給体制の最適化も図り、効率的な生産を行っている。

トヨタは、2004年タイでの「ハイラックス」生産を皮切りに同プロジェクトを開始。現在IMVは11の国・地域で生産し、約140の国・地域で販売されている。今年7月にタイでIMV輸出累計100万台を達成したほか、今年のIMV年間販売台数を過去最高の80万台レベルと見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集