JFEスチール/日本初の鋼材運搬用電気推進船就航

2010年12月09日 

JFEスチールは12月9日、同社鋼材使用品の運搬を行う電気推進船「はいぱーえこ」が就航したことを発表した。

<電気推進船「はいぱーえこ」>
20101209jfe.jpg

電気推進船は、発電機でモーターを駆動し、プロペラを回転させて推進。エンジンをモーターに置き換えることで船尾の機関スペースが削減され、船尾水流抵抗の軽減が可能となる一方で、電気機器を経由する際に生じるエネルギー伝達ロスを補うことは一般的に難しいとされている。

「はいぱーえこ」は、機器配置の自由度を最大限に活かして船尾水流抵抗の軽減を実現するとともに、船型のスリム化や2機2軸のプロペラの導入により操作性を向上し全体の水流抵抗を削減した。その結果、エネルギー伝達ロスを上回る省エネ効果を得られ、困難とされた鋼材運搬への電気推進船の適用が実現した、という。

さらに、機関の静粛性や船内空間の自由度を活かして、船内環境の改善も図っている。船舶機関出力を750kw未満にすることで、法律で定められている機関部有資格者数を削減することも可能となり、慢性的な船員不足対策にも効果を発揮している。

■「はいぱーえこ」の概要
運航者:JFE物流
船主:向島ドック
建造者:中国・青島造船所
総トン数:498トン
載貨重量:1800トン
寸法:全長77.08m×巾11.50m×深さ7.43m
航海速力:11.5ノット

最新ニュース

物流用語集