日通/インドに多機能ロジスティクス・センター竣工

2010年12月06日 

日本通運は12月6日、現地法人のインド日本通運が建設中だった「ニムラナ・ロジスティクス・センター」が竣工したことを発表した。

<竣工したニムルナ・ロジスティクス・センター>
20101206nittu.jpg

ニムルナ・ロジスティクス・センターはインド・ラジャスタン州ニムルナ工業団地に建設。同工業団地は日系企業専用の工業団地で、すでに多数の日系企業が進出している。

同センターはグローバル在庫管理システム「REWARDS」を導入、製品・部材など対象を問わず、ミルクラン輸送やJIT配送に対応する。クロスドックとしての機能も備えており、多様なロジスティクスサービスの提供が可能。

また、精密機械や医療機器用に防塵・温度調節処理を施した設備と、赤外線侵入感知装置やモーションセンサーなどのセキュリティも完備している。

インド日通は2007年4月に設立され、インド国内11都市で営業を展開しているが、同センターの完成で成長を続けるインド市場での多様化・高度化する顧客の要望に応える、としている。

■ニムルナ・ロジスティクス・センターの概要
住所:Japanese Industrial Zone, Neemrance, State of Rajastan, India
総敷地面積:3万7700㎡
倉庫面積:1万2300㎡
事務所面積:720㎡
従業員数:約20名
開所日:11月29日
設備等:トラックローディングドッグ11基、定温倉庫設備、倉庫内外CCTV、赤外線新入感知装置などを完備

最新ニュース

物流用語集