日本郵船/空気潤滑システム搭載運搬船「YAMATO」竣工

2010年12月03日 

日本郵船グループの日之出郵船が建造を進めていたモジュール運搬船「YAMATO(大和)」が、11月29日に竣工した。

<空気潤滑システム搭載モジュール運搬船YAMATO>
20101202nyk.jpg

同船は、泡の力で摩擦抵抗を低減させる空気潤滑システムを搭載しており、外航船では世界で初めて恒久的に運用している同社運行の「YAMATAI」に続く2隻目のエコ船となる。

空気潤滑システムの搭載により、送風機で空気を船底に送り込み、泡の力で船舶と海水の摩擦抵抗を低減させることで約10%のCO2削減効果が見込まれている。

この空気潤滑システム搭載は、国土交通省から2010年度の「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」の補助対象事業として選定されており、日本海事協会の共同研究事業による支援も受けている。

■YAMATOの概要
全長:162m
全幅:38m
計画満載喫水:6.34m
総トン数:1万4538トン
載貨重量トン数:1万9812トン
造船所:三菱重工業長崎造船所香焼工場

最新ニュース

物流用語集