トヨタ/ハイブリッド車用のニッケル水素電池の再資源化開始

2010年10月27日 

トヨタ自動車、豊田ケミカルエンジニアリング、住友金属鉱山、プライムアースEVエナジー(PEVE)の4社は10月27日、世界初となる、使用済みの「ハイブリッド車用ニッケル水素電池」に含まれるニッケルを電池原料として再資源化するリサイクル事業を開始した。

使用済みのハイブリッド車用ニッケル水素電池は、還元処理を行い、ニッケル含有スクラップをステンレス原料としてリサイクルしていたが、含有ニッケルの高度な選別・抽出技術を開発したことにより、ニッケル製錬工程への原料投入が可能となり、再びハイブリッド車用ニッケル水素電池に戻るリサイクルを実現した。

<電池原料化循環フロー>
20101027toyota.jpg

トヨタは、量産化に対応した高精度原料化リサイクル施設を豊田ケミカルと協力して立上げるとともに、電池原料のニッケル精製において住友金属鉱山の協力を得ている。

最終製品となるハイブリッド車用ニッケル水素電池製造において、品質確保の面でPEVEの協力を得て、4社共同で、世界初の電池原料化リサイクル事業をスタートした。

■ハイブリッド車用ニッケル水素電池の原料化事業の動画
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/10/10/image/nimh_500k.asx

最新ニュース

物流用語集