SAPジャパン/オンデマンド型の温室効果ガス排出管理ソフト発表

2010年10月26日 

SAPジャパンは10月26日、オンデマンド型の温室効果ガス排出管理ソフトウェア「SAP Carbon Impact(エスエイピー・カーボン・インパクト)」の日本語版を11月中に提供開始すると発表した。

SAP Carbon Impactは、CO2を主とした温室効果ガス排出に関する様々なデータを収集、集計し、管理するオンデマンド型のソフトウェア。

クラウド上で管理される企業の温室効果ガス排出に関するデータから、色々な軸や期間でCO2排出量の現状を多元的で正確に把握することができる。

また、トレンドから外れた値を視覚的に把握することで削減余地を瞬時に究明することができ、アクティビティの明細からは詳細な原因把握が行える。

さらに、排出削減プロジェクトの管理やレポーティング・監査対応など、多彩な機能を備えている。

なお、GHGプロトコルイニシアチブが策定する、温室効果ガスの排出と削減量の算定・報告ガイドラインに示されている3種類のCO2排出の活動境界のうち、自社サイトからの直接的な排出や、購入した電力などによる間接的排出だけでなく、サプライチェーンやサービス利用による間接的な排出を含めた全スコープを管理できる。

原材料調達から生産、流通、消費者による使用、そして廃棄にいたるまで、プロダクトライフサイクル全体を通して詳細なカーボンフットプリントの測定と評価が行えるようになる。

また、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、韓国語の7か国語が提供している。

問合せ
SAPジャパン
TEL:03-3273-3500
http://www.sap.com/japan/contactsap

最新ニュース

物流用語集