日通/地球温暖化対策技術普及等推進事業の公募事業を受託

2010年10月25日 

日本通運が、子会社の日通総合研究所を通じて行っている「クラウドプラットフォームを活用した物流CO2削減インフラのアジア展開プロジェクト」の調査事業が、経済産業省の「2010年度地球温暖化対策技術普及等推進事業」第2回公募事業として採択された。

本事業は、日本が有する環境技術のノウハウを海外展開することで削減できる温室効果ガス排出量を二国間・多国間の取引を通じ、日本の排出削減量として換算できるような、新たな仕組みの構築を目指したもの。

富士通グループのクラウド技術を活用し、ネットワークを通じて各車両の車載端末から、情報を収集することで、効率的な削減効果の把握および測定を行う。

最新ニュース

物流用語集