ヤマト運輸、三菱自動車/電気自動車の集配試験開始

2010年10月14日 

ヤマト運輸と三菱自動車工業は10月15日、三菱自動車が試作した軽商用電気自動車(軽商用EV)による集配実証走行試験を開始した。

<記者会見上でキーを取り交わす木川・ヤマト運輸社長と益子・三菱自動車社長>
20101014yamatoshachou.jpg

三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、「i-MiEV」に搭載しているEV専用コンポーネント(駆動用バッテリー・モーターなど)を組み込んだ試験車を、実際の集配業務用車に使用して、走行データを収集・分析し、実用性を確認する。

導入地域は、東京都大田区のヤマト運輸東糀谷1丁目センター。

<軽商用EV>
20101014yamatokuruma.jpg

<充電も用意な仕組み>
20101014yamatojyuden.jpg

ヤマト運輸は、今回の軽商用EV の実証試験開始が、運送業界全体における商用自動車の次世代化普及のための一歩であると見ている。すでに、安全・エコドライブ指導の際に使用する車に「i-MiEV」10 台を導入しており、試験結果を踏まえたうえで、軽商用EV の採用についても検討を進める。

三菱自動車は、試験結果を自社の商品開発にフィードバックするとともに、軽商用EV の早期市販化を目指す。

ヤマト運輸は、「車両台数の抑制」「低公害な集配車両の導入」「エコドライブの推進」「走行距離の短縮」、「モーダルシフトの推進」といった取り組みを通じ、宅急便事業において環境負荷の削減に努めてきた。

また、約4万5000台の車両を有しており、環境に配慮した次世代車両を積極的に導入することによって、低炭素社会の実現に貢献する意向だ。2010年3月末現在の低公害車数は1万1538台で、そのうちハイブリッド車は4659台。

最新ニュース

物流用語集