日通/機密書類のリサイクルでカーボン・オフセット開始

2010年09月30日 

日本通運は10月1日、「ペーパーリサイクルボックス」(以下:PRB)の運搬時に排出されるCO2を、三菱UFJリースから調達するCO2排出権でオフセットする取り組みを開始する。

PRBは、同社が開発したオフィスに設置するリサイクルボックスで、機密書類を安全に効率よく処分・リサイクルするシステム。

今回、カーボン・オフセット付のPRBを販売し、購入したCO2排出権を日本政府に無償譲渡する。なお、今回の取り組みによる、追加料金はなく、東京23区で開始し、順次、他のエリアへも展開する。

PRBは、東京23区、横浜市、大阪市、神戸市など販売しており、2010年度中に他都市への展開も予定している。

最新ニュース

物流用語集