三井造船/風力発電トレーニングセンター引き渡し

2010年09月29日 

三井造船は9月29日、JA三井リースから受注した、日本風力開発グループのイオスエンジニアリング&サービス向けの「風力発電トレーニングセンター」を引き渡したと発表した。

同施設は、国内で普及しつつある風力発電施設のメンテナンス体制の確立を目指すために建設された日本で初めての風力発電用のメンテナンス要員育成施設。

風力発電のメンテナンスは、地上数10mのタワー上のナセル内で行われるが、メンテナンストレーニングを行う施設は日本にはなかった。これまではメンテナンス要員の代表を海外のトレーニング施設などに派遣し、メンテナンス指導に当たっていた。ナセルは風車の一番上にある発電機、増速機等が納められている部分。

現在、日本には風力発電設備が約1700基稼働しており、今後も洋上風力発電などを含め風力発電施設は拡大していくと考えられる。一方、設置スピードに比してメンテナンス体制は今後整備していく状況となっている。

最新ニュース

物流用語集