川崎汽船など/ばら積運搬船で燃料供給システム運用試験

2010年09月21日 

川崎汽船、川崎造船、川崎重工業の3社は9月21日、共同で実用化を目指している水エマルジョン燃料供給システムを新規開発し、川崎造船が建造する5万8000トン型ばら積運搬船(2011年1月竣工予定)に搭載して長期実船運用試験を実施すると発表した。

水エマルジョン燃料は、燃料中に細かい水粒子が分散して含まれる燃料。これがエンジンの燃焼室内に噴射されると水粒子が蒸発し、周囲の熱を奪うことにより周辺の火炎温度を低下させ、NOxの生成を抑制する。

実船試験に先立ち7月には、舶用A重油水エマルジョン燃料を用いて同船ディーゼル機関の陸上運転を行い、NOx排出量の低減を確認した。実船試験の目的は、舶用C重油での水エマルジョン燃料を使用してNOxを含む排ガス性状の確認、機関性能の確認、長期使用における機関・燃料系統機器の耐久性の確認と乗組員による実運用を目指し、竣工前の海上試運転での試験と就航後の長期実船試験で構成される。

2011年1月には実船試験を開始し、約4年を掛けて性能評価と耐久性の確認を行う。

国際航海に従事する船舶からの窒素酸化物(NOx)排出量は、国際海事機関(IMO)によって2016年から3次排出量規制が実施されることになる。舶用ディーゼル機関からのNOx排出量は特定規制海域において現行の1次規制値から80%削減することが義務づけられる。

規制に対応するため、3社共同で実船試験用の水エマルジョン燃料供給システムを開発。水エマルジョン燃料技術と他のNOx低減技術とを組合せることで、効率的に3次規制値をクリアすることを目指す考えだ。

最新ニュース

物流用語集