JX日鉱日石/卸価格体系を一部変更

2010年09月01日 

JX日鉱日石エネルギーは8月31日、石油製品(ガソリン・灯油・軽油・A重油)の卸価格体系について一部変更すると発表した。

マーケット連動方式・周次改定は維持しながらの変更となる。

卸価格適用期間は、変更なく土曜日から1週間(翌週金曜日まで)。卸価格決定・提示日は、現行の翌週金曜日(適用期間の最終日)から、金曜日(適用期間の前日)に変更する。参考する指標については、現行の国内石油製品卸マーケット価格を、国内石油製品卸マーケットに加え、原油価格動向、その他の石油製品市況動向などに変更。参照期間は、金曜日から1週間(翌週木曜日まで)だったのを、直近実勢(木曜日まで)とする。

現行方式は、マーケットに即応した卸価格決定を志向し、土曜日から1週間の卸価格を、その前日の金曜日から1週間の国内石油製品卸マーケット価格を参照して決定するものであり、得意先への卸価格の提示は、価格適用期間の最終日(翌週金曜日)となっており、得意先では、仕入れ価格の決定前に販売価格を決定しなければならない取引が発生していた。

得意先における仕入れ価格の早期明確化を図るために、金曜日に、翌日の土曜日から1週間の卸価格を決定・提示する方式に変更することにした。

変更に際し、卸価格は、透明性・公平性を確保しながらマーケットへの即応を継続するよう、国内石油製品卸マーケット価格に加え、原油価格動向や、その他の国内外における石油製品市況動向等について、直近までの実勢を総合的に勘案のうえ先行して決定する。

最新ニュース