三井造船/エチレン分解炉をモジュール化して輸送

2010年06月29日 

三井造船は6月28日、エクソンモービル・アジア・パシフィック社から2007年6月にフランスのハーティ・ペトロケム社と共同で受注したエチレン分解炉7基をタイでモジュール化し、シンガポールへの輸送と据付を完了したと発表した。

エチレン分解炉は、エクソンモービル・アジア・パシフィック社がシンガポールのジュロン島で工事を進めている世界最大規模のエチレンコンプレックス向け。モジュール化した分解炉の1基あたりの高さは50メートル、重さは2000トン以上に達する。モジュール化するメリットは、納期短縮と建設国でのコスト削減、建設国での建設スペースの確保。

輸送・据付をしたエチレン分解炉は、日本とフランスでの19か月間にわたる設計を経て、今回最大のマイルストーンである7基の分解炉のタイからシンガポールへの輸送と据付を、ことし4月27日に完了した。

最新ニュース