ヤマタネ/物流アウトソーシング受託事業拡大へ

2010年05月17日 

ヤマタネは5月14日、新中期経営計画(2010年4月から平成2013年3月)を策定し、物流部門については、物流アウトソーシング受託事業や賃借倉庫を活用したノンアセット型営業の拡大をめざすとしている。

また、文書保管業務の一層の拡大と共同配送ネットワークの拡充に努め、国際物流関連では、海外代理店との連携を強化する。

国際輸送業務では、羽田空港の国際化対応に向けた準備と集荷活動に注力し、海外引越業務では、中国での営業基盤をさらに拡大しアジア地区での引越業務を強化するとしている。

最新ニュース

物流用語集