三桜工業/米国で自動車配管用チューブの製造工場取得

2010年03月16日 

三桜工業は3月16日、米国で自動車配管用チューブの製造工場を取得し、ブレーキチューブと燃料チューブの現地生産を開始すると発表した。

100%子会社であるサンオーアメリカ インコーポレーテッドは、クーパー・スタンダード・オートモティブ社から、米国オハイオ州アーチボルド市のチューブ製造工場を取得した。

同工場は、3月からサンオーアメリカ のアーチボルド工場として稼動を開始し、自動車配管用チューブの生産を始める。

これまで、サンオーアメリカでは、チューブを主に日本から輸入していたが、今回のアーチボルド工場の稼動により、チューブの生産から製品への曲げ加工までの全工程を自社で完結できる体制が確立することになる。

また、アーチボルド工場で生産されたチューブは、今後、カナダ、メキシコ、ブラジルなどの米州地区をはじめとする同社現地法人への供給も計画している。

三桜グループは、米国でのチューブ製造工場の稼動により、日本、中国、インド、タイと合わせて主要5地域のチューブ製造拠点網を構築し、今後、これらのチューブ製造拠点より、世界19か国に広がる同社の車輌配管製品の加工拠点にチューブを供給していく。

最新ニュース