積水化学工業/独コンパウンドメーカー子会社買収

2009年11月09日 

積水化学工業は11月9日、ドイツの有力コンパウンドメーカー、ポリマーシミーの100%子会社ポリマーテック(PMT)を買収すると発表した。

100%子会社であるスイス・セキスイアルベオを通じての買収。買収後は、セキスイアルベオの100%子会社となる。

積水化学は、高機能プラスチックスカンパニー(社)で、各種断熱材や緩衝材などに使用される架橋発泡ポリオレフィン製品の製造・販売をフォーム事業として全世界で展開している。欧州での事業基盤を強化するために、無架橋発泡ポリオレフィン製品を取り扱うPMT社を買収する。PMT 社が保有する製品群や技術をベースに、品ぞろえの拡充や新技術開発を図る。

積水化学のフォーム事業では、セキスイアルベオで発泡ポリオレフィン事業を展開しており、欧州市場での架橋発泡分野においてトップシェアを誇る。今後の市場環境や競争状況を踏まえ、無架橋発泡製品を補完することにより、事業拡大が可能と判断した。

従来の架橋発泡製品に無架橋発泡製品を加えることで、欧州市場でクリーン性が求められる食品包装材、半導体梱包材、医療用素材などの品ぞろえを拡充し顧客ニーズに対応した製品を提供するほか、セキスイアルベオのマーケティング力・販売チャネルを活用してPMT社製品を拡販するなどの効果を期待している。

最新ニュース