三菱倉庫/深センの現地法人が航空貨物のライセンス取得

2009年08月04日 

三菱倉庫は8月4日、中国の現地法人、香港三菱倉庫会社が経済貿易緊密化協定(CEPA)企業として2005年5月に設立した菱陽国際貨運代理(深セン)有限公司が、7月24日付けで中国航空運輸協会が発行する一類航空運輸販売代理資格を取得したと発表した。

今回のライセンスの取得で、菱陽国際貨運代理(深セン)有限公司は各航空会社から直接スペースを仕入れ、自社で混載カーゴを仕立てることが可能となり、今後は今後数量増が見込まれる情報関連機器、自動車部品などの日本・欧米向けのサービスを充実させ、取扱拡大を図る。

また、支店(分公司)網の整備を進め、華東・華北への展開を図り、中国国内で倉庫、運送、フォワーディングを展開する各現地法人のサービスとの連携を強化し、多様な顧客の物流ニーズに応える。

アメリカ・ヨーロッパ・東南アジアなどのネットワークと有機的に連携し、顧客のサプライチェーンマネージメントに貢献する高品質な航空輸送サービスを提供するとしている。

最新ニュース

物流用語集