東洋紡/御幸ホールディングスを完全子会社化

2009年05月07日 

東洋紡績と御幸ホールディングスは5月7日、9月1日を効力発生日として、東洋紡を完全親会社、御幸ホールディングスを完全子会社とする株式交換に関する基本合意書の締結を決めたと発表した。

2004年には公開買付により東洋紡が御幸ホールディングスを子会社化し、両社の強みを活かした事業の展開とシナジーの追求に注力してきた。景気減速により経営環境が悪化、グループ全体での事業基盤の強化が急務となっている。

東洋紡が御幸ホールディングスを完全子会社とすることで、御幸ホールディングスの繊維事業では、紳士服地・肌着の原材料を供給し、豊富な技術・情報力を持つ東洋紡との協働によって、新素材など市場ニーズに適合した競争力のある商品開発が可能となる。電子関連事業でも、東洋紡グループの診断システム事業における共同開発の加速やグループ内商社との協働による拡販など、両社の経営資源をより緊密に連携させることができる。

東洋紡は御幸ホールディングスの完全親会社となり、完全子会社となる御幸ホールディングスの株式は上場廃止となる予定。

最新ニュース

物流用語集