デンソー/中国におけるソフト開発体制強化

2009年02月19日 

デンソーは2月18日、上海にあるソフトウェア開発会社である上海電装創智信息技術有限公司のすべての株式をことし4月にデンソークリエイトから中国統括会社である電装(中国)投資有限公司(以下:DICH)へ譲渡し、社名を電装(上海)信息技術有限公司とすると発表した。

電装(上海)信息技術有限公司は、事業をそのまま引き継ぎ、カーナビゲーションを中心とした量産製品のソフトウェア開発を行う。

今後、中国におけるカーナビゲーション需要の拡大と、機能向上に伴うソフトウェア開発業務の増大が見込まれることから、DICH設計部門との連携を密にした開発体制を構築していく。

2009年度内には、西安においてオフィスを設置し、2012年までに現在の約70人から120人規模に増強する。

新会社の概要
社名:電装(上海)信息技術有限公司
所在地:中国上海市張江高科技園区郭守敬路498号18401-18404室
代表者・社長:代表者(董事長)村山浩之(デンソー常務役員兼務)
資本移行時期:2009年4月(予定)
資本金:60万USドル(約5,400万円)
出資比率:電装(中国)投資有限公司100%
売上高:4,700万元(約6億円)(2012年度計画)
従業員数:73人(2009年1月)、120人(2012年度計画)
事業内容:カーナビゲーション等のソフトウェア開発

最新ニュース

物流用語集