トラステックスHD/子会社の整理ほぼ完了

2008年05月21日 

トラステックスホールディングス(旧会社名:軽貨急配)は5月20日、平成20年3月期決算で、グループの重要課題だった子会社の整理を順調にほぼ完了したと発表した。
■子会社の整理概要
軽貨急配マーケットサービス:平成19年9月ダイセーロジスティクスグループへ株式譲渡手続き完了。
軽貨エクスプレス:平成19年6月一部事業譲渡と事業休止し、保有資産売却を行ない、事業は完全に休止し清算準備中。
軽貨ロジスティクス:平成19年7月支配力基準により連結対象となっていたが取引関係の解消、またグループの役員の派遣を停止したため、支配力基準により連結対象外となった。
軽貨急配シーエス:不採算事業撤退と余剰資産売却。
プラスパサービス:平成20年1月清算結了。
ラック:平成20年2月清算結了。
軽貨急配事業協同組合:平成20年3月解散決議。
なお、トラステックスホールディングスの業績は、売上高294億1200万円、営業利益1億2100万円、経常損失2億4800万円、当期純損失34億500万円となっている。

最新ニュース