フレームワークス/新会社設立、富士通ビジネスシステムも参画し10億円増資

2008年01月04日 

フレームワークスは12月27日、MIT Corporate Advisory Services(以下:MIT)、大和ハウス工業、大和物流に加え、富士通ビジネスシステム(以下:FJB)との間で、事業再建に向けた組織再編を行うことを合意し、新会社フレームワークス(以下:新フレームワークス)との間に分割契約書を締結した。

12月28日に臨時株主総会を開き、普通株主への種類株主総会を平成20年1月下旬開催し、決定する。

同社では、MIT、大和ハウス工業、大和物流、FJBとの間で、事業の継続性を図るとともに、上場廃止に伴う株式流動性が毀損されている株主の保護について交渉してきた。

この結果、組織再編に先立ち、MIT、大和ハウス工業グループ、FJBは、新フレームワークスに対して総額10億円規模の第三者割当増資を実施する。

新フレームワークスは、フレームワークスは事業の一切と当該事業に関わる資産、負債、契約上の地位、付随する権利・義務を承継し、その対価として金133,376千円をフレームワークスに対して交付する。

さらに、上場廃止に伴い株式の流動性が毀損した株式に代わり、株主に対し、普通株式をフレームワークスが1株当たり金2,000円で買い取る。

今後、組織再編に際して、MITによる事業再生のための協力や一定の経営指導を受けるとともに、大和ハウス工業グループとFJBとの業務提携を行うことで、経営改善の実効性を確保するとともに、事業シナジーを生み出せる環境を積極的に創出する。

<組織再編の概要>
20071228fwx.gif

吸収分割の相手会社(承継会社)の概要
商号:株式会社フレームワークス
本店の所在地:東京都千代田区神田紺屋町8
代表者:代表取締役社長松本章
資本金:1百万円
純資産:1百万円
総資産:1百万円
事業の内容:フレームワークスから営業承継するために必要な準備にかかる業務

最新ニュース

物流用語集