ヤマハ発動機/フィリピンで二輪車の製造、販売開始

2007年08月10日 

ヤマハ発動機(株)は、フィリピンの100%子会社で二輪車の製造・販売を開始するとともに2009年初頭の稼動を目指した新工場建設のために同国バダンガス州リパ市に用地を確保した。

フィリピンでは5月に設立したYamaha Motor Philippines,Inc.(略称:YMPH)では、9月末よりラグーナ工業団地に設置した組立工場において、排気量105cc~135ccの二輪車の完成車組立とディーラーを通じて国内販売を開始する。

新会社稼動時の従業員数は約120名、資本金は5.5億ペソ(約14億円)で、工場がフル稼働する2008年の生産・販売台数は7万台を計画している。

さらに、マニラ市から南へ約75kmのバダンガス州リパ市のリマ工業団地内に、新たに230,000m2の用地を確保し、2009年初頭の稼動を目指した二輪車生産の新工場建設を進める。

Yamaha Motor Philippines,Inc.(YMPH)の概要
名称:Yamaha Motor Philippines,Inc.(ヤマハ・モーター・フィリピン)
所在地:フィリピンラグーナ市
代表者:代表取締役社長竹田好明(たけだよしあき)
資本金:5.5億ペソ(約14億円)1ペソ=2.6円
出資比率:ヤマハ発動機(株)100%
設立年月:2007年5月9日
稼動開始:2007年9月末
事業内容:二輪車の製造・販売
生産計画(販売計画):70,000台(2008年)
従業員数:約120名(2007年9月の会社稼動時)
YMPHで製造・販売する主力モデル:Sniper(排気量135cc)、Mio(排気量110cc)

最新ニュース