公取委/天然ガスエコ・ステーション建設工事の入札業者に排除措置

2007年05月14日 

公正取引委員会は、平成18年7月以降、関東・近畿・東海の天然ガスエコ・ステーション建設工事の入札参加業者らに対し、受注予定者を決定し、受注予定者が受注できるようにしていたと認められたことから、独占禁止法第3条(不当な取引制限の禁止)の規定に違反するものとして、排除措置命令、課徴金納付命令を行った。

天然ガスエコ・ステーション建設工事は、経済産業省から(財)エコ・ステーション推進協会に対し、補助金が交付されていたところ、当該工事の発注者であるガス事業者、石油製品小売業者等は、同協会から補助金の交付を受け、当該経費をおおむね同協会からの補助金により賄っていた。なお、財団法人エコ・ステーション推進協会は、平成19年3月31日付けで解散している。

関東甲信越地区
東京ガスエネルギー(株)、東京ガスケミカル(株)、東京ガス・エンジニアリング(株)、(株)キャプティの4社が、ガス事業者、石油製品小売業者等が指名競争入札に付する関東甲信越地区を施工場所とする天然ガスエコ・ステーション建設工事について、共同して、受注予定者を決定し、受注予定者が受注できるようにしていたと認められたことから、4社に対し、独占禁止法第3条(不当な取引制限の禁止)の規定に違反するものとして、それぞれ、排除措置命令及び課徴金納付命令(総額1億1737万円)を行った。

近畿地区
(株)千代田機械製作、住友金属工業(株)、大阪ガスエンジニアリング(株)、(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス、住友金属パイプエンジ(株)、神鋼プラント建設(株)の6社が、大阪瓦斯(株)、石油製品小売業者等が指名競争入札に付する大阪瓦斯(株)の天然ガスの配管区域を施工場所とする天然ガスエコ・ステーション建設工事について、共同して、受注予定者を決定し、受注予定者が受注できるようにしていたと認められたことから、独占禁止法第3条(不当な取引制限の禁止)の規定に違反するものとして、(株)千代田機械製作、大阪ガスエンジニアリング(株)、(株)神鋼エンジニアリング&メンテナンス、住友金属パイプエンジ(株)の4社に対し、それぞれ、排除措置命令を行い。(株)千代田機械製作、住友金属工業(株)、大阪ガスエンジニアリング(株)の3社に対し、それぞれ、課徴金納付命令(総額2566万円)を行った。

東海地区
東邦ガスエンジニアリング(株)が、石油製品小売業者等が指名競争入札に付する東邦瓦斯(株)の天然ガスの配管区域を施工場所とする天然ガスエコ・ステーション建設工事について、競争事業者の当該工事の入札への参加が困難となるようにしていた疑いのある事実が認められたことから、独占禁止法第3条(私的独占の禁止)の規定に違反するおそれがあるものとして、同社に対し、警告を行った。

最新ニュース