フットワークエクスプレス/九州産交運輸を買収

2004年11月28日 

フットワークエクスプレス(株)は、九州産交運輸(株)の発行済み株式の95.85%の取得を決定した。

九州産交運輸は、かねてより(株)産業再生機構の支援による事業再生に取り組んできたが、このほど入札方式により買収元として選定されたことを受け、フットワークエクスプレス社は、産業再生機構の保有する九州産交運輸の全株式の譲受に係る株式売買契約を締結した。

フットワークエクスプレス社は、「顧客の企業価値向上のために物流を変革する」を経営理念に、従来の物流事業を超えた企業ロジスティックス支援企業として、高品位輸送サービスの提供、物流最適化の提案と実現、加えて国際総合物流への展開を目指した。

買収は、フットワークグループとして以下の相乗効果を期待し、グループ内の連携強化を図るものであり、全国ネットワークサービス拡充の第一歩と位置づけている。

(1)ネットワークの拡大により西日本最大の物流企業を目指す。
(2)グループ内の連携強化により、相互の顧客に対して幅広いサービスを提供する。
(3)相互の物流ノウハウを共有し新たなロジスティックス手法の開発を可能にする。
(4)九州エリアにおける輸送サービスの品質向上を図る。
(5)双方のリソースを統合し効率的経営を追求する。

買収先の会社概要
商号:九州産交運輸株式会社
代表者:代表取締役社長坂本洋一
所在地:熊本県熊本市流通団地2-20-3
設立日:1978年9月18日(創業1942年8月17日)
事業内容:一般貨物自動車運送事業、貨物利用運送業、倉庫業、通関業ほか
従業員数:約1,400名
車両台数:約1,300台
資本金650百万円
年商23,700百万円(2004年3月期実績)

最新ニュース