西濃運輸/自動車販売会社を完全子会社化

2004年11月24日 

西濃運輸(株)は平成17年10月1日、株式交換によるトヨタカローラ岐阜(株)、岐阜日野自動車(株)、ネッツトヨタ岐阜(株)、ネッツトヨタセントロ岐阜(株)を完全子会社化する。

自動車販売事業においては、ディーラー間の競争が一段と熾烈化しており、また、トラック販売事業においては、環境規制に伴う特殊需要の剥落による登録台数の減少が見込まれるなど、物品販売事業におきましては、依然厳しい事業環境にある。

西濃運輸グループは、トヨタカローラ岐阜および岐阜日野自動車を中心に、顧客の一層の利便性向上と高付加価値のサービスを提供するべく業務の効率化と品質向上を目指すとともに「顧客第一主義」を徹底し、その向上に取組んでいる。

西濃運輸は、平成13年に、当時持分法適用会社であったトヨタカローラ岐阜と岐阜日野自動車を、グループ経営の強化と連結決算の拡充を図るため、公開買付により持分比率を引き上げ、連結子会社とた。

本件株式交換によりトヨタカローラ岐阜、岐阜日野自動車にネッツトヨタ岐阜、ネッツトヨタセントロ岐阜を加えた連結子会社4社を完全子会社化し、グループ全体の資本関係をより強固にすることで、グループ全体の資本の最適化と効率化を図る。

最新ニュース

物流用語集