KPMGコンサルティング、朝日アーサーアンダーセン/統合

2002年06月20日 

KPMGコンサルティングは、アンダーセン・ワールドワイドのビジネスコンサルティング部門の日本法人である朝日アーサーアンダーセン(株)を1 970万米ドルで買収し、KPMGコンサルティングの日本法人であるKPMGコンサルティング(株)と事業統合する合意書に調印した。
最終的な統合は今夏までに実施される予定。
今回の合意書調印は、KPMGコンサルティングがアンダーセン・ワールドワイドのビジネスコンサルティング部門の買収に向けた交渉開始の同意書への調印を5月8日に発表して以降初めての大規模なもの。
朝日アーサーアンダーセンの年間総売上は2001年8月末時点で7 500万米ドル、従業員約700名を擁し、アンダーセン・ワールドワイドのビジネスコンサルティング部門の中では第3の規模のビジネスユニット。
この統合により、KPMGコンサルティングと朝日アーサーアンダーセンは、両社の補完的な強みを活かし、提供するソリューションの幅の拡大と専門性の深化を一度に実現し、卓越したサービスを顧客に提供できる総合的なコンサルティングファームとなる。また、日本において1 000人規模の組織が誕生し、市場での強力なポジションの確立と、社員の保有スキルの拡大を実現することができる。
KPMGコンサルティングは今後社名を変更する予定であり、将来的にはこの新社名のもとで、統合後の新組織が一層強力な事業展開を行なうことになる。
KPMGコンサルティング 米国本社について
米バージニア州マクリーンに本社を構えるKPMGコンサルティングは、世界最大のコンサルティング会社のひとつで、年間総売上高は29億米ドルに上る。世界で9 000名以上のスタッフは顧客のビジネス目標を達成し、リアルタイム企業体系を作るための情報技術力の強化を念頭に置き、ビジネス/技術戦略、システム設計/構築、アプリケーション導入、ネットワーク/システム統合を提供。有力なハード・ソフトウエア企業と協同で、グローバル2000企業をはじめ、中小企業、政府機関、各種団体など2 500社以上を顧客に抱えている。顧客の業種ごとのニーズに合わせたビジネス・テクノロジーソリューションは通信・メディア、製造・流通、金融、情報・ハイテク、官公庁などの業界に主眼をおいた各事業部を通して提供している。
KPMGコンサルティング 株式会社について
KPMGコンサルティングは、世界最大のコンサルティング・ファームのひとつである米国KPMGコンサルティングの日本法人。クライアント企業に最適なビジネス/技術戦略を提案するとともに、システム設計/構築、アプリケーション導入、ネットワーク/システム統合などにおいて幅広くサポート。豊富な経験と柔軟なアプローチによって、ビジネス資源の融合化、企業全体のパフォーマンス向上、投資収益の拡大を実現している。

最新ニュース