日通/長野支店が台風19号の被災者支援で感謝状授与

2020年02月14日 

日本通運は2月14日、2019年の台風19号による豪雨被害の被災者支援に貢献したとして、長野支店が北陸信越運輸局長から感謝状を授与されたと発表した。

<感謝状を受け取る長野支店の松本支店長>

長野県では、台風19号によって千曲川が決壊し、土砂災害等により甚大な被害が発生。これを受けて、県として初の広域物流輸送拠点が設置された。

長野支店は、長野県トラック協会を通じて県から物流専門家の派遣と拠点運営の要請を受け、県の指揮のもと広域物資輸送拠点の運営を担当。

屋内運動場を物流施設向けにレイアウト・設営することにはじまり、長野市を中心に須坂市や千曲市、小布施町など20数か所に及ぶ避難所向け物資の在庫管理・配車計画、入出庫・仕分け、各種調整作業などを実施した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集