富士通FIP/特殊医薬品流通管理プラットフォームの実証実験開始

2020年02月14日 

富士通エフ・アイ・ピーは2月13日、アルフレッサ、PHCとの3社共同で、RFIDやクラウドインフラ基盤、IoT技術を活用した新たな特殊医薬品の流通管理プラットフォームを開発し、その実証実験を開始すると発表した。

<特殊医薬品流通管理プラットフォームの概念図>

特殊医薬品流通管理プラットフォーム

新たな特殊医薬品流通管理プラットフォームは、製薬企業から特殊医薬品が入荷され、医薬品卸を経由して医療機関に届き、患者に投与されるまでの全流通過程の情報をシステムに記録。

また、医療機関に設置された特殊医薬品の保冷庫の入出庫の情報や、医療機関で患者様に特殊医薬品が投与された際の情報も、RFIDを活用してクラウド型インフラ基盤にデータとして蓄積し、一元管理できる。

実証実験では、医療機関での保冷庫への入庫、出荷の部分を中心に検証。実証実験を通じて、参加医療機関の意見や要望を収集し、各種機能の検証結果などを踏まえた上で、商用サービスの早期開始を目指す。

<実証実験で使用する機器>

富士通エフ・アイ・ピー、アルフレッサ、PHCの3社は、2019年3月に特殊医薬品の流通管理のための新たなプラットフォーム構築検討の基本合意契約を締結。以降、3社共同で研究を進め、今回、新たな特殊医薬品の流通管理プラットフォームを開発した。

3社は、RFID、クラウド型インフラ基盤、IoT技術を駆使して、特殊医薬品の流通に必要な統合的な管理を実現し、医療機関や患者に加え、医薬品卸や製薬企業など、プラットフォーム全ての参加者の活動を支援する狙い。

将来的には、アルフレッサ以外の医薬品卸会社もプラットフォームへ参画し、業界共通のプラットフォームとして活用できるように整備と普及を進めて行くとしている。

最新ニュース

物流用語集