ヒガシ21/グループ経営の強化を目指し組織改正

2020年02月14日 

ヒガシトゥエンティワンは2月14日、グループ経営の強化を目指し4月1日付の組織変更を発表した。

グループ経営の強化を目指した本社機能の再編・強化として、「経理部」の予算策定・管理機能を「企画部」に移管し、グループ会社管理の一元化を図る。

「人事総務部」を「人事部」と「総務部」に分け、それぞれの機能強化を図る。

「人事部」は、グループ会社の給与事務面・労務管理面の指導・支援等の強化を進める。

「総務部」には、「企画部」より「IR・広報室」及び「法務室」を移管し、株主総会も含めた株主対応の一元化、及びグループ各社も含めたコンプライアンス対応の強化を進める。

「安全・品質管理部」については、グループ各社の安全取組みの推進により一層取り組むこととし、本社組織における位置づけも監査室とともに社長直轄とする。

事業部等の再編については、「支店」について、オフィスサービス事業部内の拠点という位置付けから、事業部横断的に情報収集する拠点に変更し、組織的にもオフィスサービス事業部から独立する。

ITサポート事業については、今年度のWindows7から10への切替特需はピークダウンするものの、引き続き新規導入機器のキッティング、旧機器の破砕等、発展の可能性が十分にあることから、「オフィスサービス事業部」からその事業を分離し、「ITサポート事業部」として組織増強等を進める。

オフィスサービス事業部において、九州エリアの営業開拓に注力する観点から、「福岡オフィスセンター」を新設する。

輸送事業部において、効率的な業務運営を図る観点から、「阪神総合物流グループ」に「郵便輸送センター」及び「阪神倉庫」を統合する。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集