日本郵便/コロナウイルスの影響で中国宛て国際郵便物が大幅遅延

2020年02月13日 

日本郵便は2月13日0時現在の中国宛て国際郵便物が大幅な遅延について発表した。

それによると、2月10日以降、中国宛て航空機が大幅運休となったため、現在のままでは、預かっている中国宛て国際郵便物の航空機への搭載に2週間以上の期間を要することが見込まれる。

日本郵便では、中国宛てのチャーター便の手配、他国経由での輸送や、中国の郵便事業体とも協力の上、より多くの郵便物を速やかに中国宛てに発送できるよう最大限努めていくとしている。

また、今回のお届け遅延に関連して、中国、香港、マカオおよびモンゴルの各郵便事業体から以下のとおり通知があった。

中国郵便事業体からは、「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、中国国内全域での郵便物のお届けに遅延が生じるおそれがある。なお、配達前に電話で受取人に連絡し、配達は非対面の方法で行う」。

香港郵便事業体からは、「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、香港での郵便物の処理が一時中断される可能性がある」。

マカオ郵便事業体からは、「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、2月16日までマカオでの郵便サービスを一部停止する」。

モンゴル郵便事業体からは「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、1月27日から3月2日までの間、国内の全ての教育機関の閉鎖および公的活動の禁止に伴い、モンゴルでの郵便物の処理が一時中断される可能性がある」。

日本郵便では、今後の状況に応じて、変更になる可能性があることから、変更になったら、その都度、情報を更新するとしている。

最新ニュース

物流用語集