日通/江東区にAI・IoTショールーム型の物流施設開設

2020年02月12日 

日本通運は2月12日、東京都江東区の倉庫施設内に、最先端の物流機器を導入し、AI・IoT 技術を活用したショールーム型の最先端物流施設「NEX-Auto Logistics
Facility」を開設すると発表した。

<「NEX-Auto Logistics Facility」完成イメージ>

「NEX-Auto Logistics Facility」完成イメージ

<「NEX-Auto Logistics Facility」が入居する日通新砂5号倉庫>

「NEX-Auto Logistics Facility」が入居する日通新砂5号倉庫

施設は、6月の稼働開始を予定している。

開設予定の「NEX-Auto Logistics Facility」は、物流センター内の各作業工程を細
分化し、物流現場の効率化・省人化を実現するため、先端技術を活用した複数の物流機器を導入する。また同施設では、アパレル関連の商品を取り扱い、入庫から保管・ピッキング・梱包・出庫に至るまでの物流センターとして実稼働している物流機器等を顧客に見学してもらう、ショールーム型の施設とする。

日通は、顧客毎の施設、商材の特性等を踏まえ、顧客にとって最適な最先端の物流機器と日通の「現場力」を融合した新しいソリューション「NEX-Sustainable Logistics on NewStyle」としてシェアリングサービス等の実現により、顧客のロジスティクスに関する課題解決に向けた、物流ソリューションを提供していくとしている。

最先端物流機器には、保管効率を最大限に高めたロボットストレージシステム 「AutoStore」、保管効率の向上、省人化を目的とした自動搬送ロボット 「EVE」、省人化を目的とした無人自動フォークリフト 「RACK FORK AUTO」、ロールコンビのガイドレス自動搬送装置 「AGV」、倉庫作業の省人化を目的とした追従運搬ロボット 「THOUZER(サウザー)」、画像処理技術を応用したデジタルピッキングシステム 「プロジェクションピッキングシステム」、RFID タグを活用した検品作業の効率化 「RFID トンネルゲート」を導入予定。

また、物流管理システムでは、日通のグローバル標準倉庫管理システム 「WMS」、日通総合研究所の倉庫作業分析ツール 「ろじたん」、RFIDを利用したICタグによる入退室管理システム「Smart Card」を紹介。

その他、プレゼンテーションエリアの設置、社内向けロジスティクストレーニングセンターの設置、最新物流機器の展示エリアの設置等も行う。

なお、近年、物流業界は少子化・人口減少に伴う労働力不足が深刻化しており、また、政府が進める「働き方改革」への取り組みもあり、物流現場における自動化・省人化設備の導入が求められている。

しかし、既存倉庫への先端物流機器の導入には、最適な機器の選定、大規模なレイアウト変更、作業フローの見直しのほか、投資資金負担などの諸課題をクリアする必要があったとしている。

■施設概要
名称:NEX-Auto Logistics Facility(NEX-ALFA)
住所:東京都江東区新砂2-4-10日通新砂5号3階
床面積:2998m2

最新ニュース

物流用語集