東京納品代行/創業50周年記念式典開催、4月から制服変更

2020年02月12日 

センコーグループの東京納品代行は2月12日、2月6日に創業50年を迎えたことから、2月10日にセンコーグループが運営する、「東京イーストサイド ホテル櫂会」で記念式典を開催したと発表した。

来賓や協力会社など約150名が出席した。

<東京納品代行の新制服>

東京納品代行の新制服

<TNDロゴデザイン>

TNDロゴデザイン

式典では、50周年を機に、4月1日にCIと制服をリニューアルし、センコーグループのセンコーファッション物流と合併し、新たな東京納品代行が誕生することが発表された。

新しいCIは、東京納品代行のイメージカラーの紺を基調に、センコーファッション物流のイメージカラーの緑を融合させた、スタイリッシュなデザインになる。

また、新しい制服はBRINGプロジェクトに賛同し、リサイクルできるウエアを採用。ドライバーと倉庫事業スタッフは紺を基調としたポロシャツと、チャコールグレーのパンツに、館内デリバリースタッフはすっきりとしたグレーストライプのYシャツと、チャコールグレーのパンツに、変更となる。

東京納品代行は次の50年に向け、SDGsを意識し、人に優しく、地球に優しい企業を目指し、ファッションをココロで運んでいくとしている。

最新ニュース

物流用語集