日本トランスシティ/4~12月の売上高2.1%増、営業利益3.5%増

2020年02月12日 

日本トランスシティが2月12日に発表した2020年3月期第3四半期の業績は、売上高767億600万円(前年同期比2.1%増)、営業利益26億8700万円(3.5%増)、経常利益34億7900万円(4.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益23億1900万円(14.9%増)となった。

総合物流事業の、倉庫業では、期中平均保管残高ならびに入出庫にかかる取扱量は前年同期に比べ増加した。

港湾運送業では、四日市港において新たにバイオマス燃料の取扱いを開始したが、海上コンテナおよび石炭の取扱量は前年同期に比べ減少し、完成自動車については、輸出の取扱量は増加したが、国内の取扱量は減少した。

陸上運送業では、バルクコンテナ輸送の取扱量は前年同期に比べ増加したが、トラック輸送および鉄道輸送の取扱量は前年同期に比べ減少した。

国際複合輸送業では、海上・航空輸送ともに、輸出の取扱量は前年同期に比べ減少したが、輸入の取扱量は前年同期に比べ増加した。

これらの結果、総合物流事業の売上高は758億5900万円(2.1%増)となった。

通期は、売上高1040億円(3.9%増)、営業利益35億円(4.5%増)、経常利益45億円(1.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益29億円(9.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集