ニッコンHD/メキシコ・シラオ市に1.1万m2の新倉庫を竣工

2020年02月12日 

ニッコンホールディングスは2月11日、メキシコ現地法人のNKP MEXICO, S.A de C. V.が、自動車産業を中心とした日系企業が集積しているグアナファット州シラオ市にあるプエルトインテリオール工業団地内で建設を進めていた倉庫が、2月10日に竣工したと発表した。

<建物外観>

建物外観

<建物内観>

建物内観

この倉庫は、レオンバヒオ国際空港や貨車ターミナルに隣接し、メキシコ中央部に位置することから南西には国内最大のマンザニージョ商業港、北には米墨間陸上国境通過のメインゲートを有するヌエボラレド市があるなど、同国における物流のゲートウェイに位置している。

メキシコ現地法人2拠点目の自社倉庫竣工により、あらゆる物流のニーズに応えられるように物流サービスを進化させ、顧客の事業発展に寄与しながら更なる企業価値を高めていくとしている。

■概要
所在地:Circuito SANTA FE 316,340 Santa Fe 3, Puerto Interior,
SILAO, GUANAJUATO, MEXICO
構造:鉄筋コンクリートフレーム補強+一般コンクリートブロック 平屋建て
敷地面積:4万8565m2
倉庫面積:1万1284m2
仕様設備:床耐荷重 2.0t/m2、油圧式ドックレベラー8基、背高貨物搬入口、監視カメラ設置、C-TPAT 認証

最新ニュース

物流用語集