川崎汽船/東北電力向け9.1万トン型石炭運搬船が竣工

2020年02月07日 

川崎汽船は2月6日、大島造船所で建造していた東北電力向け石炭運搬船「TOHOKU MARU」が竣工したと発表した。

日本の火力発電所向けに最適設計された幅広浅喫水の9万1000トン型船で、東北電力の海外炭輸送に従事する。

「Advanced Flipper Fins」や「Rudder Fin 」の採用で燃費改善を実現。また、バラスト水処理装置やSOxスクラバーなど、最新鋭の環境保全技術を導入している。

■本船要目
全長:234.99m
型幅:43.00m
型深:18.40m
満載喫水:12.885m
載貨重量トン数:9万1818mt
総トン数:5万2458t
純トン数:2万8945t
ホールド/ハッチ数:5/5

最新ニュース

物流用語集