CBcloud/荷主と一般貨物自動車運送事業者を繋ぐ新サービス開始

2020年02月05日 

CBcloudは2月5日、フリーランスドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo」のサービス領域を拡大し、荷主と一般貨物自動車運送事業者つなぐ新サービス「PickGo一般貨物」(仮称)の提供を本格開始したと発表した。

<「PickGo」を活用し、モノのMaaSを実現するプラットフォームの構築を目指している>

「PickGo」を活用し、モノのMaaSを実現するプラットフォームの構築を目指している

<一般貨物自動車運送事業者の利用イメージ画面>

一般貨物自動車運送事業者の利用イメージ画面

新たに本格提供を開始した「PickGo一般貨物」(仮称)は、 一般貨物自動車運送事業者と提携し、荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐマッチングプラットフォームサービス。

このサービスのローンチ(立ち上げ)により、軽貨物自動車では対応できなかったサイズ、重量の積荷(2m以上、350Kg以上)の配送依頼も可能となり、より多様な荷主ニーズに応えることができるようになった。

なお、一般貨物自動車に空きがない場合にも、1万5000名以上のフリーランスドライバーが登録する軽貨物自動車のマッチングプラットフォームを併用できるため、より柔軟な配送が可能となる。

また、このサービスは、限られたリソースを最大限活用し一般貨物自動車運送事業者のドライバー不足という社会課題を解決するソリューションの一助を担うものと考えている。一般貨物自動車運送事業者が、各々のタイミングで案件を選択し受注できる環境を構築することで、空車回送率の低下や車両稼働率の向上を可能とし、車両リソースの有効活用と収益の最大化を実現する。

2020年2月5日時点では、300社以上の一般貨物自動車運送事業者と提携し、6000台以上の一般貨物自動車とのマッチングが可能。一般貨物自動車運送事業者への案件提供プロセスにおいて、モバイルアプリを活用することで、案件情報の自動的な受信を可能とし、迅速・確実な受注を実現。

2020年1月におけるマッチング率は約90%、さらにマッチングした案件の約90%において5分以内に運行可能な運送事業者からエントリーがあった。車格は、小型(2tクラス)、中型(4tクラス)、大型(10tクラス)を取り揃え、箱車や平ボディ、冷凍冷蔵車など、用途に合わせ様々なタイプを選べる。例えば、大型の建築材料や住宅設備の建築現場への緊急配送や、納品漏れのあった生鮮食品等の店舗への大量配送ニーズにも対応可能となる。

また、荷主及び一般貨物自動車運送事業者の登録や継続は無料であり、物流に関わる多くのユーザーに公平なサービスを提供。現在は関東エリア(茨城県、 栃木県、 群馬県、 埼玉県、 千葉県、 東京都、 神奈川県の1都6県)を出発、または到着する配送のみ依頼可能。全国展開を前提に、対応エリアを順次拡大していくとしている。

なお、このサービスでは、下請け多重構造を防ぐため、受注した事業者が別の事業者に運送再委託を行うことを禁止している。

■PickGo 新サービス
サービス名称:「PickGo一般貨物」(仮称)
サービス概要: 荷主と一般貨物自動車運送事業者をつなぐ配送マッチングサービス(小型~大型トラックの配送依頼が可能になる)
提供開始日: 2020年2月5日
荷主向けサービスページ: https://pickgo.town/business
運送事業者向けサービスページ:https://pickgo.town/business/general/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集