オカムラ/米国企業のロボットピースピッキングシステムを発売

2020年02月04日 

オカムラは2月4日、米国マサチューセッツ州に本社を構える「RightHand Robotics Inc.」と2020年1月にパートナーシップ契約を締結し、オカムラはRightHand Roboticsのロボットピースピッキングシステム「RightPick2(ライトピックツー)」を2月より日本国内で発売すると発表した。

「RightPick2」は物流施設の作業者や既存の物流システム機器と連携して商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステム。スマートなグリッパー、先進的なコンピュータービジョン、制御ソフト、機械学習により高い信頼性の自動化を実現する。

<機械学習によるマスターフリー自律ピッキング>

機械学習によるマスターフリー自律ピッキング

主な特徴には、機械学習によるマスターフリー自律ピッキングがある。「RightPick2」には、学習済みのモデルが実装されているため、初めて扱う商品でも学習を生かしてピッキングが可能。取扱商品のマスター登録が必要なシステムでは、商品の寸法、重さ、全角度からの画像などをすべて事前に登録しておく必要がある。「RightPick2」は、機械学習によるマスターフリーの自律ピッキングを行うため、取扱商品のマスター登録の必要がない。日々のピッキング作業からの学習により定期的にモデルが更新されるため、ピッキングの精度が向上していく。

<グリッパーは真空吸着カップと3本の指を組み合わせた独自の形状>

グリッパーは真空吸着カップと3本の指を組み合わせた独自の形状

また、「RightPick2」は、統合センシング、ビジョンサブシステム、ロボットアーム、プロセッサを搭載した第5世代のインテリジェントグリッパーを備えている。グリッパーは真空吸着カップと3本の指を組み合わせた独自の形状をしており、ロボットアームが高速で動作しても商品を安定的に掴むことができる。やわらかく変形する物や異形物も迅速・丁寧に取り扱う。

さらに、「RightPick2」は、シンプルなAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)である「RightPick-MCP」を介して、倉庫管理システムとスムーズに連携できる。

<ロボットピースピッキングシステム動画>

最新ニュース

物流用語集