富士エレクトロ/重量物運搬車の衝突防止向けカメラの実証実験

2020年01月30日 

富士エレクトロニクスと日鉄物流は1月30日、ステレオカメラ立体画像認識技術とその製品開発を手がける東京工業大学発ベンチャー企業であるITD Labのステレオカメラ技術による衝突防止向けシステムを製鉄所構内で使用する特殊な重量物運搬車の安全対策として実証実験を開始したと発表した。

<重量物運搬車の搬送の様子>

重量物運搬車の搬送の様子

<ステレオカメラ>

ステレオカメラ

ステレオカメラは近年様々な分野で開発が進む自動運転化等に必要とされる立体画像認識技術であり、モビリティ、建機、農機、AGV、ロボット等の自動化、安全化等へ向けた開発の取組みが進んでいる。両社は24時間稼働する特殊な重量物運搬車の安全確保に向け、絶対距離を測長可能なステレオカメラ(2019年発売開始)と富士エレクトロニクスで開発された物体検知ソフトを用いて実証実験を開始したもの。

なお、日鉄物流は鉄鋼関連物流を中心に、プラント、重量機械、橋梁等の重量物・容大物について、輸送計画の立案・設計の初期段階から顧客と一体となり、低コスト、高い安全性、確かな品質で国内・海外にわたる総合物流サービスを提供している。

富士エレクトロニクスは、マクニカ・富士エレホールディングス傘下の半導体商社として競争力のある多種多様な外国製半導体を、1500 社以上の幅広い顧客にきめ細かく提供する営業・技術サポート体制を強みとしている。平成 31 年 1 月には ITD Lab 社への出資も実施し、ITD Lab 社の SDK 及び SRIM(ステレオカメラ)技術やその他センサー、またAI技術等を加えた新たなソリューション提供を推進し、拡大する市場での顧客が抱える新たな課題解決への挑戦を強力に支援していくとしている。

最新ニュース

物流用語集