NEXCO中日本/東名高速「駒門スマートIC」が3月28日開通

2020年01月27日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は1月27日、東名高速道路の駒門PA(上下線)に接続する「駒門スマートIC」が、3月28日15時に開通すると発表した。

<駒門スマートIC(完成イメージ)>

駒門スマートIC

<位置図>

駒門スマートIC

<周辺立地企業による利用意向>

駒門スマートIC

駒門スマートICの開通で主要渋滞箇所の回避が可能となり、高速道路までのアクセス時間が東京方面で最大14分、名古屋方面で最大7分短縮される。

これにより、周辺立地企業による物流の効率化が期待されており、各企業からは「最寄の御殿場ICまで20~30分を要しているが、駒門スマートICが開通すれば5分未満で高速を利用でき、移動時間の短縮が図られる」や「最寄りの御殿場ICが遠く、さらに渋滞等で移動時間にばらつきが発生しているが、駒門スマートICが開通すれば5分未満で高速が利用可能となり、業務の効率化が図られることを期待している」といった声があがっている。

最新ニュース

物流用語集