ヤマトHD/東京2020大会の特別デザイン車両を運行開始

2020年01月27日 

ヤマトホールディングスは1月26日、「東京2020オリンピック・パラリンピック」への応援メッセージと競技イメージを組み合わせた特別デザインのトラックと台車の運用を開始した。

<特別デザインのフルラッピングトラック>

東京2020大会特別デザイントラック

特別デザインを施したトラックと台車の台数は、フルラッピングトラックが250台、ステッカー貼付トラックが750台、ステッカー貼付台車が2000台。今後は、これらの台数を最大3000台まで順次増やしながら、約8か月間にわたって東京都内を走行する。

デザインは全14種類。「2020年の東京を応援であふれるTOKYOにしよう」をスローガンに掲げたキャンペーンで小・中学生から応募のあった14万作品の中から選定した14作品の応援メッセージと、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技イメージを組み合わせた。

応援メッセージは英語でも掲出し、東京2020大会に出場する世界のオリンピアンとパラリンピアンを応援することで、大会機運の醸成に寄与する方針。

最新ニュース

物流用語集