東芝/AGV・ドローン制御を高精度化、小型ジャイロ開発

2020年01月22日 

東芝は1月22日、AGV(無人搬送車)やドローンなどの小型機器に搭載可能な、小型・高精度のジャイロセンサー(RIG:Rate Integrating Gyroscope)モジュールを世界で初めて開発したと発表した。

<開発したジャイロセンサー小型モジュール>

RIG

<東芝が想定するジャイロセンサーの市場>

この小型モジュールは、機器が回転する角度を直接計測することで、物体の向きを計測する。

一般的なジャイロセンサーは、機器が回転する角速度(角度の時間変化)を計測し、それを演算して角度を求めており、大型の計測制御装置が必要なため小型化が困難だった。

今回、東芝が開発したモジュールは、微細な機械構造と電子回路を半導体基板上に集積させるMEMS技術を用いてセンサ素子を小型化し、マイクロコントローラーから制御することで、実証実験に適用可能なサイズまでモジュールの小型化を達成。

また、機器が回転する角度を直接計測することで、従来のジャイロセンサーで課題だった応答速度や精度を向上。精度、ドリフトのいずれの指標でも、同じMEMS技術を用いた民生機器用のジャイロセンサー以上の性能であることを確認している。

今後は、開発したジャイロセンサーの精度と応答性をさらに改善し、2021年度以降のサンプル出荷を目指す。あわせて、このジャイロセンサーを搭載した慣性計測装置(IMU、搭載した機器の姿勢を感知する計測装置)の開発も進めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集